ソウタのひぐらし

三日坊主の母に代わり、ソウタが綴る日々の記録。


晴れ

母が100円均一で、ぬいぐるみの抱っこひもを買ってきてくれました。さっそく装着して、ぬいぐるみを抱いたまま、お庭で遊んだ後に、少し散歩して帰りました。夕食後は、棒についた飴ちゃんを楽しみました。兄者はお気に召さなかったみたい。私も途中で取り上げられました。

涼しい

台風も過ぎたので、前に来た時は雨で遊べなかった、中山公園に遊びに行きました。ブランコは大人気で漕げなかったけど、急降下の滑り台や坂道を楽しみました。夜は兄弟で箸の取り合い。母に食べさせてもらっていたら、兄者に「自分で食え」という眼差しでスプーンを渡されました。机にピッタリ椅子をつけて、横の隙間から足をだす着席スタイルを確立しました。

赤い夕焼け

兄者が母の靴下を見つけて履いていたので、私も履きたいと奪ってきたら、奪い返されました。兄弟で靴下の取り合いをしていると、柄違いの靴下を5足持って母が登場。靴下パーティーが始まりました。夜ご飯は、サイゼリヤでピザとドリアをいっぱい食べて、台風の為、外出できないかもしれない3連休に備えます。それとは関係なく、トイレのレバーが壊れたので、今日は、お風呂にお湯を溜めて寝るそうです。おやすみなさい。

晴れ

テレビに映った自分の姿を見ながら、棒のついた風船を持って、ボンボボボンと風船ダンスを踊りました。お風呂の時には、服を脱ごうとして、首の穴に手を通しているのに、何故か脱げずに大変でした。爆笑しながらオモチャのテントで遊んでいたら、倒れて転がって痛かったです。でも爆笑。柔くてすぐ畳まれちゃうからと、母が、床を補強してくれるそうです。

晴れ

兄者が最近、妙に背中を流してもらいたがります。気持ちいのか痒いのか。今日のお昼は、ご飯を私の口に運ぼうとする母と、「これですか?」「いいえ」「これですか?」「いいえ」「どれですか?」「これです」の応戦。首を振りながらご飯を食べる私に不思議顔の母でした。オヤツは、兄者に取られないようにとベジタベルを用意してもらいましたが、兄者にかっ攫われました。兄者は苦手なハズだったのに、色んなものにチャレンジしている気配があります。兄者が母と一緒に、車のオモチャを箱の中へと放り込んでいたので、ひっくり返したら、3度目で号泣されました。