ソウタのひぐらし

三日坊主の母に代わり、ソウタが綴る日々の記録。


曇り

玄関からえっせらほっせら母の鞄を運んで、外に出ようとアピール。それをなだめるように母から水の入ったコップを渡されるも、そのまま床に叩き落としました。気を取り直して牛乳をもらい飲んで、チョコクランクをもらうも兄者に取られ、あわやとなるもコップに投げ入れられ無事でした。日中は母のスマホのアプリで入れたカラオケ練習に私もテンションアゲアゲ。夜はびっくりドンキーで、兄者にハンバーグ取られて食べる気なくし、ジュースを飲まれて食べる気なくし。兄者の方は手をお手拭きで拭かれて食べる気なくし。とんだ繊細兄弟でした。